ホーム > ソリューション > 電子カルテ > HOPE EGMAIN-RX

「HOPE EGMAIN-RX」は販売を終了しております。
 最新の富士通電子カルテシステム「HOPE LifeMark-SX」を是非ご検討ください。

新モデル・後継製品

電子カルテシステム HOPE EGMAIN-RX 対象施設:無床診療所
開発元:富士通

HOPE

病院の電子カルテ導入数国内シェアNo.1の実績を生かし、富士通が蓄積したノウハウを診療所向けに電子カルテを開発した無床診療所向けレセコン一体型電子カルテシステム 「HOPE EGMAIN-RX」。

お医者様の視点から考えた使いやすい操作性と、受付から会計までをトータルにサポートする機能を充実させた、無床診療所様向け電子カルテシステム。
地域医療連携を実現するための、将来を見据えた“地域とつながる診療所”を実現します。

最適な診療環境の提供

ひと目でわかる画面構成

今回カルテ画面を囲む形で、患者様の状況がひと目でわかる画面となっています。
過去カルテは勿論、患者様の注意情報や重要な項目もすぐにわかります。
過去カルテを時系列で表示しています。内容をDOボタンやドラッグ&ドロップで今回カルテにコピーすることも可能です。
来院履歴の見出機能やカレンダーから、過去カルテを簡単に呼び出すことが可能です。

富士通電子カルテ画面。患者様の基本情報やアレルギーなど注意情報を表示 表示内容の切替えが可能 カレンダー形式で受診状況を表示 過去カルテからドラッグ&ドロップにて、コピーできます 患者様の重要な情報に付箋をつけて、ワンクリックで確認することが出来ます

カルテを見ながらレセプトチェック

レセコンと一体となることにより、カルテ作成時にその時点での点数をすぐに表示したり、外来会計時に患者様のカルテを同時に表示することができます。レセプトの内容をリアルタイムで正確に確認することができます。

富士通電子カルテ画面。自動算定情報が表示されます

簡単スピーディに入力

カルテを簡単スピーディに入力

過去カルテを確認しながら、カルテ作成補助ツール(ツールナビゲータ)により簡単に今回カルテの作成が行えます。
所見の内容やスケッチ、処置/処方などのさまざまな診療行為、病名など、カルテ記載に必要な内容を、直感的なシンプル操作で入力できる『統合入力ツール』を搭載しています。
入力ツールの内容をお使いいただく医師ごとに簡単な操作で変更も可能です。

富士通電子カルテ画面。疾病毎にまとめるなど、各種ツールをフォルダ形式で管理して入力を効率化

所見欄

富士通電子カルテ画面。所見

ワープロで入力された所見の内容は学習機能により、同じ内容を何度も入力することなく、文例候補から選択して入力することが可能です。

処置・処方欄

富士通電子カルテ画面。処置・処方

お薬や用法、処置なども直接ワープロ入力することで候補を表示。検索マスタをわざわざ開く必要がありません。

地域連携を支える機能

院内業務にとどまらない地域連携機能を装備

富士通の地域医療ネットワークシステム「HumanBridge」との病診連携機能を標準で搭載しています。
連携先の医療機関へ診療情報提供書を連携したり、診療所に居ながら中核病院での治療内容を確認することが可能です。

診療所などから・診療情報提供書・処方データ・検査結果データを中継センタ/中核病院に連携、診療所などで中核センタ/中核病院での・カルテ参照・画面参照・返書(報告書)作成・予約、またそれぞれをVPNで結ぶ

往診時にも対応(提供予定)

往診時にノートブックパソコンで必要な患者データを持ち歩けます。
患者様宅でも過去カルテの参照や診療内容の入力ができます。

紹介状などの書状を簡単に作成

紹介状や診断書など、さまざまな書状を簡単に作成できる機能をご用意しています。

富士通電子カルテ画面。あらかじめ決めておいたフォーマットに、紹介先や患者さんの基本情報などを抜き出して、頭書きを終えた状態から書状作成をはじめることができます。実施した処置・処方などの診療行為や所見・検査結果などの情報をコピー&ペーストで書状に貼り付けられます。

お客様事例

ご紹介動画

電話からのお問合せ

第二ソリューション本部(大阪)
(06)7635-5962
第二ソリューション本部(東京)
(03)6701-3615

受付時間:平日9:00〜17:00(土・日・祝日・年末年始は除く)

Webからのお問合せ

お問合せフォーム

関連ソリューション・製品

このページの先頭へ