ホーム > ソリューション > 医事レセコン > HOPE SX-R

「HOPE SX-R」は販売を終了しております。
 最新の富士通医事会計システム「HOPE SX-S」を是非ご検討ください。

新モデル・後継製品

医事レセコン HOPE SX-R 対象施設:病院・診療所
開発元:富士通

HOPE

診療所から中堅病院までご利用いただける、富士通のレセコン「HOPE SX-R」。
無床診療所向け電子カルテシステム「HOPE EGMAIN-RX」にも移行することができます。

「HOPE SX-R」は日々の業務の中で自動的にレセプト電算データを作成するため、いつでも確認が可能です。また、提出データ作成時のチェック結果も合わせて確認できます。
普段の事務作業はもちろん、月末月初の業務負担も大きく削減できるシステムです。

使いやすさを第一に考えた、人に優しいシステム

使いやすい画面

ワイドディスプレイ等、解像度に合わせて見やすい画面レイアウト・文字サイズに変更できます。また、病名情報等の必要な情報を選んで、設置・表示することが可能なため、常に必要な情報を確認できます。

過去剤からDoで簡単入力

会計業務時には、常に過去剤が表示され、ドラッグ&ドロップでDoすることが可能です。また、お薬を検索する際、ワープロ入力から候補を表示し、簡単・スピーディーに入力ができます。

ドラック&ドロップで簡単に過去剤の複写ができます。日本語入力で候補を一覧表示

オンラインマニュアルを搭載

使い始めの操作に不慣れなときや普段、あまりお使いになられない機能を使用する際に便利なガイダンス機能を搭載。また、ガイダンスだけではわからない時も画面と連動したオンラインマニュアルによって、操作をアシストします。

入力項目と連動したガイダンスを表示

レセプト業務の負担軽減

正確なレセプト作成をお手伝い

レセプトを印刷したイメージをそのままに、スピーディーに画面表示できます。
内容に誤りがあれば、レセプトイメージに重ねてエラーメッセージが表示され、即座に修正画面を表示します。

レセプトチェックDBの提供(オプション)
患者診療データの窓口即時チェックにおけるレセプトチェック用標準マスタを提供

レセプト管理業務画面

確認、保留、再請求等、レセプト請求に関する業務を統合したレセプト管理業務画面を用意。また、オンライン請求画面と連動し、レセプト電算提出業務が行えます。

請求対象のレセプトを一覧表示エラーがあるレセプトのみ絞り込んで表示することも可能

過去レセプト表示で簡単確認

審査支払機関の縦覧審査(複数月のレセプトチェック)を考慮し、窓口業務でのレセプト表示において、過去データのスクロール表示を可能にしています。

過去に提出したレセプトを簡単に確認することができます。

ITの中核となる高い拡張性

他システムとの連携

電子カルテシステムをはじめとする各種基幹システム、院内各部門に導入されている部門サブシステム、また、各種自動化機器との連携など、医療機関様におけるIT化の中核としてご利用いただけるシステムです。

レセプトコンピュータのHOPE SX-Rは介護事業者支援システムであるHOPE WINCARE-ESやHOPE WINCARE V2と、また電子カルテシステムであるHOPE EGMAIN-GXやHOPE EGMAIN-NXと連携が可能

電子カルテシステムへ簡単ステップアップ

いつかは電子カルテシステムの導入を考えているお客様にも、レセコン一体型電子カルテシステムへ簡単に移行することが可能です。

レセプトコンピュータHOPE SX-Rから無床診療所向け電子カルテシステムHOPE EGMAIN-RXにSTEP UP

電話からのお問合せ

第二ソリューション本部(大阪)
(06)7635-5962
第二ソリューション本部(東京)
(03)6701-3615

受付時間:平日9:00〜17:00(土・日・祝日・年末年始は除く)

Webからのお問合せ

お問合せフォーム

関連ソリューション・製品

このページの先頭へ