ホーム > ソリューション > 運動機能測定システム > ロコモヘルパー

運動機能測定システム ロコモヘルパー 対象施設:介護予防施設・介護施設
販売元:キヤノンITSメディカル

ロコモヘルパー

介護スタッフの運動測定に関わる業務を見える化・効率化
- 特許出願中 -

高齢者の運動測定を簡単に測定できる運動機能測定システム「ロコモヘルパー」は身体にセンサーやマーカーを付けることなく
人間の推定骨格を抽出できる赤外線深度センサーカメラを利用し、ロコモティブシンドロームの判定基準となる運動種目の実施状況を
測定するソフトウェアです。
監修 慶応義塾大学体育研究所・山内賢准教授

マニュアルを見なくても直感的に使える画面構成

[ロコモヘルパー-初期メニュー]

業務の効率化

測定風景

身体にセンサーやマーカーを付けることなく、簡単に開眼片足立ち、椅子の立ち座り、最大一歩等を測定することが出来ます。
録画機能により測定時の動画データを振り返ることができるため、理学療法士や作業療法士等が運動測定後に分析補助ツールとして活用することができます。

[ロコモヘルパー-開眼片足立ち]

自動評価レポート

標準で用意している評価マスターテーブルと照合しレポートを自動で作成します。
手作業による測定データをパソコンに入力し、運動機能の改善動向のレポートを作成する一連の業務を自動化します。
レポートはエクセルに出力することが可能な為、必要に応じてメッセージを編集することができます。

分析補助ツール(例)

[ロコモヘルパー-比較画像]

ご紹介動画

電話からのお問合せ

事業企画室
(03)6701-3610

受付時間:平日9:00〜17:00(土・日・祝日・年末年始は除く)

Webからのお問合せ

お問合せフォーム

このページの先頭へ